2010年03月15日

渋谷・そば処「平野屋」閉店

夕方、渋谷駅前まで買い物に降りてきて、そのまま夕食を食べに
時々立ち寄るそば屋「平野屋」に入った。

不精なので食事のためにわざわざ渋谷駅界隈まで歩いてくることはないのだが、昼食や夕食時に通るときには結構立ち寄るそば屋だ。

入ると、今月末で閉店との札が貼ってあった。
広い店内は夕食時にも拘らず閑散としていた。

食事を終えると、店長らしき人に話しかけた。
「まともな食事をだす料理屋さんが渋谷でどんどん減って困るよ。」
「皆さん、そう言ってくれて本当に申し訳ないんですよ。」

本心だ。
実際、私の職場の回りも、昼食時は弁当屋があるからまだいいが、夕食は本当に困っている。
決まった店を何件かローテーションをしているのだが、本当に食べたくて食べている店は少ない。

渋谷駅前もラーメン屋ばかりで、白い飯を出す料理屋で、サラリーマンが手ごろな価格で毎晩食べられる店はかなり少ないと思う。

「昼食時は満員なんですけどね。」

閉店の理由を詮索することはしなかったが、どこも昼夜いつもお客が入って初めてやっていけるのだろう。

私のように、毎晩外食をする人間はもしかしたら少数派なのかもしれない。
いつもいく店や周りの店を見ても、夜は若い人が少ない気がする。

味わいのある、かつての純喫茶、コーヒー専門店もどんどん東京からなくなり、チェーン店系の店ばかりになっている。

そういえば純然たるそば屋の佇まいを持ったそば屋もだいぶ少なくなってきた。

今晩見てきた、そば処の少し薄暗い店内も、今後はますます稀有な光景となっていくのだろう。

hiranoya.jpg

人気ブログランキングへ
posted by Takeo at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36398031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック